成功事例・美容整形・現金支払分及びクレジット決済金全額の返金に成功

日時 平成29年3月

場所 広島

事案 美容整形外科との契約トラブル。ネット広告にて「格安にてシミ取りを行う」内容を掲載、クライアント様が電話予約のうえで医院に赴いたところ、突如として追加施術も含めた高額な本契約の勧誘が始まり、クライアント様より「今日は時間が無い、持ち合わせもない」と訴えても、「大丈夫すぐに終わるから、現金で足りない分はカードで支払出来る。」などと勧誘を止めず、結果的に1時間以上の長時間に亘る勧誘を受け、断ることが出来ずに困惑した状態で合計金162,000円(税込)の高額契約を締結させられ、そのまま施術が行われた事案

対応 本件相談を受けたのは施術後であったが、即刻内容証明郵便にて、消費者契約法違反(退去妨害)を理由とする契約取消を主張、併せて契約代金全額の返金を要求。それと同時に「万が一にも期日までに医院より返金対応が実施されない場合、即刻医院の違法勧誘の事実について医師会及び監督官庁に被害報告のうえ厳重な処分を要求するものとし、その他当方が中心となり同様被害者を募ったうえで医院に対して契約代金の返還請求訴訟を提訴する用意がある」という内容で通告した。

結果 内容証明郵便送達の直後、医院から一切連絡は無いが突然契約代金全額がクライアント口座へ振込返金された。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になります。●●クリニックからは何の返事もありませんが、本日記帳してみたところ全額返金されていましたのでご報告させていただきました。現金支払い分とクレジット分を合わせて162000円の振り込みがありました。あの先生が振り込むとは思いませんでしたので、驚きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。