「集客システム」「顧客管理システム」「WEB予約システム(電話予約代行含め)」の売買契約(支払はビジネスクレジット)、無条件解約成功

日時 2019年2月

場所 茨城

事案 個人サロン事業主の方からの相談。従来の「顧客管理システム」のみならず「集客及びWEB予約システム」を含めた契約。販売会社の担当者より「この地域だと、御社の提供するサービスと同じサービスを提供する店舗が少ないので、弊社の予約サービスをご利用頂くことで毎月新規顧客10人は見込めます。導入頂いている他のサロンさんにもご好評いただいている。」などと勧誘を受け売買契約を申込。しかし、販売会社担当者の二転三転する料金説明を不審に感じ調査した結果、本件と同様の契約を締結したものの、その後は当初の約束である新規顧客の獲得効果が何ら達成されず、結果的に全く効果の無いシステムに高額な代金支払いのみが発生してしまっているという被害者が多数存在する事実が発覚、同様事案について取り扱い実績の多い当事務所にご相談。

対応 本件は申込の数日後であり、具体的なシステムの利用開始前であった為、即刻内容証明郵便にて販売店並びにクレジット会社へ契約取消及び関連書類即時返還の通知を送付。勧誘時における担当者の説明内容について、実現困難な内容をあたかも実現が確実かのように説明している点を指摘し、不当な勧誘行為を理由として契約の取消を要求。

結果 内容証明送付の数日後、販売会社担当者よりクライアントへ申込書類一式が郵送にて返却となり、即時クレジット会社へ電話にて契約状況を確認したところクレジット契約についても不成立が確認出来た。以上、無条件解約に成功。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様

お世話になっております。無事に解決して安心しました。本当にありがとうございました。すごい不安の中、初めから電話口で優しい口調でお話しを聞いていただき、本当に安心しました。私も、周りの●●●●●仲間が同様被害に遭わない様、今回の内容はすぐにシェアしました。(恥も承知で)

クレジット会社に電話確認をした所、「お客様の業務用クレジットのお申込みは確認できませんでした」とのことでした。こちら↓も本日、一緒に返却されました。●●●●●営業担当者から、業務用クレジットに関する書類一式も返却されたとの認識でよろしいですか?

お世話になっております。先程、●●●●●営業担当者より、こちら↓の書類と契約書類一式が返却されました。(契約時に営業担当者が持ち帰った契約書類一式を覚えていないので、全てが返却されたかは定かではないですが)こちらをもって、無条件解約されたとの認識でよろしいでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。