営業再開について

令和2年1月6日より通常どおり業務を再開しております。引き続き宜しくお願い致します。

12月10日追記:2019年10月29日に発生致しました当事務所代表行政書士・梶山の交通事故被害により、長期に亘って業務を停止せざるを得ない状況となっておりますこと深くお詫び申し上げます。その後の状況としては11月29日に退院、12月11日の時点で骨折箇所のボルト固定及びギブス固定が外れましたので業務対応が可能となり、つきましては12月16日(月)より業務再開とさせていただきます。ただし、以前と同様の業務量に対応することは難しく、またこの度の事故発生以前より正式にご依頼頂いておりましたクライアント様への対応を最優先とさせて頂く為、新規のご相談(ご依頼)については制限させて頂きます。つきましては、新規のご相談及び業務依頼ご希望の方は2020年1月6日(月)からの対応となりますことをご了承くださいませ。

12月2日追記:11月29日金曜日の時点で梶山は入院先の病院より退院致しました。しかしながら、膝及び足首の損傷により徒歩移動が困難であり、また手の指数本について骨折及び脱臼の治療(ボルト固定、ギブス固定)の為、現在でも自宅療養中の状態です。尚、12月11日に再度診察のうえ(ボルト固定、ギブス固定)について終了の予定であり、医師の診断にもよりますが12月16日(月)より業務再開を予定しております。よって、既存のクライアント様におかれましては業務再開まで今しばらくお待ち頂きますよう何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。※業務再開後も通常の業務量をこなす事は困難が予想され、また既存のクライアント様への対応を優先させて頂きますので、「新規のご相談及び業務ご依頼」について制限させて頂く場合がございます。予めご了承ください。

11月1日追記:梶山は命に別状無く、脳や脊髄などにも後遺症等は無い模様ですが、四肢の骨折、切り傷、腱の損傷等治療に最短でも20日程度の入院を要するとのことです。集中治療室より出られある程度手の自由が回復し次第、病室よりメール返信など可能となると思われますので、今しばらくお待ち頂くようお願い致します。

10月30日追記:現状梶山は四肢の自由が効かず、後遺症等の有無も不明な状態につき、集中治療室にて療養中です。退院までの期間も未定となっておりますが、営業再開までの間今しばらくお待ち頂くよう宜しくお願い致します。

10月29日、当事務所代表梶山祥が交通事故に遭い、入院中の状態につき、急遽事務所の営業を停止しております。現在のところ退院、営業再開の目途が立たない状態にあり、クライアント様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、今しばらくお待ち頂くようお願い致します。

2019年10月29日に発生致しました当事務所代表行政書士・梶山の交通事故被害により、長期に亘って業務を停止せざるを得ない状況となっておりますこと深くお詫び申し上げます。その後の状況としては11月29日に退院、12月11日の時点で骨折箇所のボルト固定及びギブス固定が外れましたので業務対応が可能となり、つきましては12月16日(月)より業務再開とさせていただきます。ただし、以前と同様の業務量に対応することは難しく、またこの度の事故発生以前より正式にご依頼頂いておりましたクライアント様への対応を最優先とさせて頂く為、新規のご相談(ご依頼)については制限させて頂きます。つきましては、新規のご相談及び業務依頼ご希望の方は2020年1月6日(月)からの対応となりますことをご了承くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。