電子ブレーカー・ビジネスリース契約の申込撤回に成功(器機設置前、リース会社からの確認前)

日時  2020年10月

場所  未開示

事案  電子ブレーカーシステムリースについての契約トラブル。 本件は既に以前より電子ブレーカーシステムのリース契約が存在し、満期を迎えるにあたって「電気料金の見直しについて一度お話をしたいと」との電話勧誘を受けたクライアントが大手電力会社からの訪問要求と認識し訪問を許可。その後は訪問した営業マンより「新規契約により電気料金を現在よりも削減できる」と説明を受け申込。しかし申込直後にクライアントが確認したところ、設置器機の数は減少するも毎月のリース料金はほぼ倍額となるなど既存の契約よりも明らかに条件が悪いことが発覚。早急に契約申込の撤回を連絡するも、担当者からは「リース契約の為に申込後の契約解除は出来ない」とのことで拒否される。その為、同様事案について経験豊富な当事務所にご相談。

対応  本件ではリース物件自体が未設置、当然にリース会社からの確認の連絡前の状況であった。よって、リース契約自体が成立しておらず、販売会社担当者の「リース契約の為に申込後の契約解除は出来ない」との説明は全くの虚偽であることを指摘し、申込撤回及び申込書類の即時返還を内容証明郵便にて通知。同時に念の為にリース会社へも申込撤回の内容証明郵便を送付。

結果  内容証明郵便が販売会社に送達した同日、販売会社担当者が申込書面を持参のうえ返却。本件申込の撤回が完了し無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

先ほど●●●●●●●●● 担当の●●さんがリース契約書控えと申込内容確認書の控えを返しに来られ「破棄していいです」と言われました。申込書などは返してもらってませんが、これで解決と考えていいでしょうか。この度はありがとうございました。株式会社●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。