新橋・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・3店舗での不当クレジット決済(合計金約245,000円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・警察被害届正式受理なし(被害相談受付)・クレジットカード紛失なし・暗証番号決済

場所  新橋

日時  2020年8月20日の午後22時ごろから翌日未明にかけて

事案   同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2020年8月20日の午後22時ごろ、東京都港区新橋駅周辺の飲食店(本件とは無関係の飲食店)での食事を終え退店。この時点でクライアントは酩酊状態であった。

2、店を出たところまでは辛うじて意識はあったものの、その後は完全に意識を失う。

3、次に意識を取り戻したのは、早朝に新橋駅付近の公園であった。そのまま帰宅。クレジットカードの紛失はなし。

4、2日後、クレジットカードの利用履歴を確認したところ、8月21日の未明、クライアントが意識を失っている間に複数店舗(3店舗)での高額なクレジットカード利用が確認され、本件不当決済被害が発覚。

5、即時クレジットカード会社へ被害報告。各店舗への調査開始。※後日、暗証番号決済であることが確認された。

6、被害発生場所を管轄である愛宕警察署に電話にて被害相談したところ、担当刑事より「CR●WN ZER●・ダイ●モンド●ワイト・A●」などについては、全く同じ店での同様被害相談が毎日のように来ている為、現在は捜査を進めている。本件についても捜査をするのでカード会社から店舗や決済情報その他注文伝票など取り寄せるように。」とのことであった。

以上、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は「クレジットカードの紛失なし」「暗証番号決済」という事案であった。通常の内容証明郵便によるクレジットカード会社への調査要求及び補償適用要求と同時に管轄警察署に被害を届出るも正式受理とはならず、被害相談受付のみ。その為、クレジットカード会社へ追加で被害相談受付の事実を伝えるとともに、即時補償適用を要求。

結果   クレジットカード会社への補償要求内容証明郵便を発送した約1カ月後、クレジットカード会社よりクライアントへ電話連絡が入り、本件被害の全額補償適用が決定し無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様    大変、御世話になっております。●●カードから土曜日連絡がありまして、今回の請求は取り消しにするとの連絡がありました。長い時間がかかりストレスもたまりましたが、これでようやく解放されると思うとあらためて嬉しく思います。これもひとえに梶山様の親切丁寧な御対応、アドバイスならびにフォローのおかげでございます。梶山様がいなければ、このまま十中八九泣き寝入りするところでした。心より深く御礼申し上げます。今後は、このようなトラブルに巻き込まれないように、自身の行動も要注意してまいりたいと思います。いずれにしても、梶山様に重ねて深く御礼申し上げます。本当に有難うございました。 ●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。