赤坂・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・2店舗での不当クレジット決済(金257,500円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・管轄警察署にて被害届正式受理なし(相談受付のみ・一時遺失届として受理)・クレジットカード紛失なし・サイン決済

場所  赤坂

日時  2022年1月17日の深夜より翌日未明

事案   同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2022年1月17日午後7時ごろから東京都港区赤坂3丁目の飲食店(本件とは無関係の店舗)にて被害者は知人と会食。午後11時ごろに退店。解散。

2、被害者が帰宅の為に路上にてタクシーを探していたところ、外国人(アジア系)女性キャッチに声を掛けられ、「1時間4000円のみ」との料金提示を受けた為に了承。そのまま近隣の店舗に入店。

3、入店後、数杯飲んだ時点で意識を失う。

4、被害者が次に意識を取り戻したのは、1月18日の午前9時ごろにタクシーにて自宅に帰宅した際であった。

5、1月22日並びに23日、クレジットカードの利用明細を確認したところ、1月18日の未明、被害者が意識を失っている間に「クラブ・プ●ムローズ」「バーラウンジ・サ●ク」なる店舗にて合計金257,500円もの高額決済が確認され、本件不当決済被害が発覚。

6、被害が発覚すると同時に即時クレジットカード会社へ被害報告。

管轄警察署(赤坂警察署・刑事課・●●刑事)に対しても1月22日に被害相談済み(1月22日・相談受付番号●●番)

7、即時クレジットカード会社へ被害報告するも、補償適用を拒否される。

上記の経緯で被害発覚後、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は「複数店舗での被害」「最初に入店した店で数杯飲んだ時点で突如意識を失っている」「クレジットカードの紛失なし」「サイン決済」という事案であった。通常の内容証明郵便によるクレジットカード会社への調査要求(注文伝票・サイン伝票、その他資料の開示要求)及び補償適用要求。その後は警察へ被害届けの正式受理を強く要望。しかし管轄警察署では「クレジットカード窃盗」として被害届けは受理してもらえず、相談受付のみの対応。(※後日「一時紛失」の届出は受理された)

その後は内容証明郵便の発送後しばらくしてクレジットカード会社より補償申請用紙がクライアントへ届き、当職アドバイスのもと補償申請書に記入のうえ返送。

結果  クレジットカード会社への補償申請書を郵送の約9カ月が経過した後、クレジットカード会社よりクライアントへ電話連絡が入り、本件被害の全額補償適用が決定、本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様     ご無沙汰しております。今年1月から赤坂の案件でご相談していた●●です。先週末、P●yP●yカードから郵送にて「ご利用分について第三者による不正利用が判明」し、「すべての手続きが完了」したとの連絡がありました。口座引き落としは免れたようです。発生から9ヶ月ほど要しましたが、梶山様の的確なアドバイスのおかげで晴れて不正利用分を取り返すことができました。誰にも話せない孤独と不安を受け止めてもらえたことが何よりの救いでした。お願いして良かったです。本当にありがとうございました。金銭面では解決できましたが、今もぼったくり店は営業を続け、警察の協力も得られにくいため被害者にとって厳しい環境だと痛感しました。飲みに行くときは注意を忘れないようにしようと思います。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。