カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

ネット求人広告に関連するトラブル・キャンセル費用として金30万円の支払条件にて和解

日時 2019年4月

場所 北海道

事案 中小企業からの相談。TVCMなども多く流れる大手ネット求人サイト運営会社との契約トラブル。求人広告掲載契約を正式に申込したものの、諸事情によりキャンセルを連絡。尚、キャンセルを伝えた時期としては「具体的な求人広告作成作業に入る前段階」であり、当然「求人広告に掲載が必須となる会社情報も一切提供していない状況」であった。しかし、大手ネット求人広告会社の担当者からは、キャンセル費用として契約代金総額(約80万円)と同額についての請求を受け、そこで同様の求人広告契約についてのトラブル対応に経験のある当事務所へご相談いただいた事案。

対応 本件について契約書を確認したところ、たしかに申込後のキャンセルにおいては費用総額を請求する旨の記載があった。しかしながら、勧誘時の口頭説明においてはそのような重要な点についての説明が一切なく、大手広告サイト運営会社の勧誘方法としては問題がないとは言えない内容であった為、内容証明郵便にてその旨を主張、あわせて「本件は申込の直後であり、広告掲載情報すら未提供の状態であった為、実損害は発生しておらず、損害金並びに違約金の支払いを拒否」と言った内容を通知。

結果 内容証明送付の数日後、大手ネット広告サイト運営会社より回答書が届き、それと同時に違約金を約80万円から30万円へ減額する旨の提案を受ける。クライアント様において検討した結果、同和解条件を受け入れる形で決定。合意書を取り交わしのうえ違約金30万円を相手業者の指定口座へ振込のうえ終了。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山 様

お世話になっております。相手先への振り込みと合意書の送達確認できました。先方担当者からも入金確認のメールを頂きましたのでこれで全て完了できました。ありがとうございました。

錦糸町・ぼったくり被害(不正カード決済)・不当クレジット決済(417,000円)の取消に成功・警察被害届受理なし(被害相談受付)

場所 錦糸町

日時 2019年4月

事案 平成31年8月2日の深夜から翌日未明にかけて、錦糸町での被害。友人と飲食後酩酊状態となり意識を失い、翌日意識を取り戻す。所持していた現金6万円がなくなっており、その数日後に2社のクレジットカード会社より、それぞれ「●●:297000円・●●●●●:120000円」のカード利用明細が届き、本件被害が発覚。。。。。クレジットカード会社へカード利用詳細を確認したところ「クラブ・ブルーアイ」なる店舗でのカード利用が確認されたが、同店への入店事実はなく、そもそも入店した店舗ビルを後日訪れ確認するも「クラブ・ブルーアイ」なる店舗は存在しなかった。また、サイン伝票に残されたサインも明らかに自身のものではなく、その他も伝票に記載の人数や氏名も全く別人のものであった。また飲食時間についてもカード決済時刻などから判断してあり得ない時間となっていることが確認された。しかし、カード会社は本件不当決済の取消を認めず請求を継続するとのことであった為、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件はクライアント様において各クレジットカード会社へ情報開示要求済みであり、その開示情報によって不当決済と認識出来る状況であった。よって、即刻各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、「サイン相違」「飲食店舗が存在しない」「伝票に事実と異なる記載」などを理由として、本件不当決済の取消対応を要求。同時進行で管轄警察署への被害届をアドバイス。※管轄警察署においては被害届としては正式受理に至らず、被害相談受付の対応。

結果  各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送付後、数回の通知を送付し不当決済の取消を要求。最終的に被害発生から8カ月以上、内容証明郵便の発送から半年以上が経過した時点で、各カード会社より本件不当決済金417,000円全額の取消(クライアント様口座への返金)の連絡が入り、解決となった。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山さん

お世話になっております、●です。本件、両社共に返金頂ける事となりました。ご対応ありがとう御座いました。以上

iPhoneから送信

中古車売買契約・キャンセル成功・キャンセル費用の免除に成功・頭金20万より実際に販売店に費用が発生した金18000円を差し引いた金額の返金

日時 2019年4月

場所 千葉県

事案 地元の中古車販売店で中古車売買契約を申込、同日申込金として約20万円を支払い、残金クレジットを申込。しかし申込の3日後に購入者(クライアント)の諸事情によりキャンセルを販売店に伝えると、販売店担当者より「キャンセルするなら、ローンのキャンセル料金40万+車両代金全額の支払いが必要」などと回答。実質的にキャンセル不可を主張してきた為、同様事案に経験豊富な当事務所へご相談

対応 契約書を確認したところ、同契約書にキャンセル時の違約金についての明確な記載はなく、その他キャンセル不可との意味合いと認識出来る条項についても著しく消費者の権利を不当に害する内容(消費者契約法により条項自体が無効)と判断出来る為、即時内容証明郵便にて本件売買契約についてのキャンセルを通知のうえ、違約金についても現時点で販売店側に損失が無いことを理由に支払を拒否、頭金の即時全額返金を要求した。また、同時にクレジット会社に対しても本件売買契約解除を通知のうえ、併せてクレジット契約の解除を通知。

結果 内容証明郵便を送付後、販売店の責任者より連絡を受け、担当者の対応について謝罪を受けるとともに、頭金20万円より実際に納車の為に作成した部品(キー)作成費用である金18,000円のみを差し引いた代金を返金する旨を約束され、同内容の合意書を交わし、その後に販売店より約束の代金が返金となり解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

4月15日に●●オートから¥182336円が振り込まれていました。この度は本当にありがとうございました。●●オートとも和解でき、戻ってこないと諦めていた頭金も戻り良かったです。 梶山さんのお陰です!電話とメールだけのやり取りでしたが、優しい梶山さんの声で安心しました。敏速且つ丁寧な対応に感謝致します。以後この様な事のない様に気をつけていきたいと思います。本当にありがとうございました。正直、最初はダメもとで電話をしました。ですが、梶山さんのHPを見て更に安心しました。同じ様な案件で悩んでる方もいるんだなと思い、みなさんの参考になるなら是非私の案件も搭載してほしいです!

情報商材(株式会社●●●●●(●●●●)  ●●●●」・商品代金の9割返金(振込による返金・クレジットカード決済金の取消)に成功

日時  2019年4月

場所  東京都

事案  本件は通常のSNS広告にて集客後に直接電話勧誘を行うという情報商材被害のパターン。販売会社が公開している副業募集の広告において、「誰でも簡単に収益を得ることが出来る」と認識出来る内容の説明があり、被害者がLINEで問い合わせのメッセージを送信したところ、販売会社担当者より電話勧誘を受け、同電話勧誘の中でも「このシステムはプロのデイトレーダーにFX取引を全て任せるものであり、初心者でも簡単に稼げる」「初心者でも自動収益で1日に●万の収益が出る」「テレビでも最近話題で、●●●●の自動収益システムを利用している主婦の方が取り上げられた」「主婦や学生の方の利用者も多い」などと説明を受け為、それら収益を約束される内容であった為に信用し契約申込を決定。同担当者に指示されるがままクレジットカード決済を行う。しかし、契約後直後に不安に感じて契約の解除を希望し、同様の情報商材案件について経験豊富な当事務所へ相談。

対応  本件における勧誘文句などは典型的なパターンでったが、それ以前に電話勧誘による方法で契約申込をさせている事実があり、またクライアント様より相談を受けた日時がクーリングオフ期間内であった為、即刻販売会社に内容証明郵便を送付のうえ、第一に本契約が電話勧誘販売によるものであることを理由としクーリングオフを通知、第二に仮に販売会社側が何等かの理由で電話勧誘販売の事実を拒否(通信販売を主張するなど)した場合であっても、そもそも勧誘時における違法行為(必ずの収益を約束する内容の説明・消費者契約法第4条1項2号違反(断定的判断の提供))を理由に契約の取消通知およびカード決済の取消を要求。しかし販売会社からは一切の回答がなく、クレジットカード決済の取消も行われない。その為、次はクレジットカード決済代行業者に対して本件違法勧誘を理由とした契約取消及びクレジットカード決済の取消を内容証明郵便にて通知。決済代行業者に対する内容証明郵便が送達した数日後に販売会社より連絡があるも、販売会社は全額返金を拒否し一部返金にて和解を提案される。クライアント様は当然に同提案を拒否しつつ、「早期解決の為に契約代金の9割を即時返金することで和解に応じる。万が一、販売会社が同条件を拒否するのであれば、それら和解提案を即時白紙撤回として再度全額返金対応を継続するのみ。」と通告。

結果  販売会社が契約代金の9割返金(銀行振込による返金及びクレジットカード決済の取消)に応じ、同和解内容が記載された合意書を取り交わした。しかし、その後も分割支払分の金額が口座より引落となっていることが発覚。早急に決済代行業者に確認のうえ取消処理を完了。以上をもって解決。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様

お世話になっております。●●です。 先日はありがとうございました。訪問の際にご相談させていただいた5月の請求分に関しまして、決算代行会社を通して無事に取り消し処理をしていただきましたので、ここにご報告させていただきます。改めてこの度はありがとうございました。今後このような事がないよう、気をつけます。

iPhoneから送信

 

梶山様

昨日、先方より返金対応の完了連絡をもらいました。 先ほど、指定した口座に●●●●●●円返金されている事を確認しました。 この度は、ご対応いただきありがとうございました。

iPhoneから送信

 

大阪・マッサージ店・ぼったくり被害・昏睡カード窃盗被害(不正カード決済)・不当クレジット決済金約14万円の9割について取消に成功・所轄警察署にて被害届受理済み

場所  大阪市

日時  2019年3月

事案  本件の被害経緯としては以下のとおり。

深夜、酩酊状態で大阪市内の路上を歩いていたところキャッチの呼び込みを受け、近隣マッサージ店に入店。そこで寝てしまう。その後、マッサージ店え意識を取り戻した後に財布の中を確認するとカードの順番が変わっていることに気がつき、念の為にクレジットカード会社に問い合わせるも、その時点ではカード決済はなかった。しかし、約1カ月後にカード会社より届いた明細を確認したところ、一切入店すらしていない飲食店にて合計金140,000円の決済が行われていることが発覚。被害者は即時管轄警察署に被害届を提出(カード窃盗にて被害届受理)、そのうえでクレジットカード会社へ不当決済の取消要求を自身で行うも、クレジットカード会社は「あなたのカード管理が出来ていなかったので、被害金の半額は請求になる」などと、被害金の半額を被害者自身に請求する旨を回答に終始した。その為、被害者が管轄の消費者せんたーに相談のうえクレジットカード会社との協議を依頼するも、全くクレジットカード会社が不当決済の取消対応に応じない状況となった為、同様のご依頼の多い当事務所に相談。

 

対応  本件はマッサージ店より一歩も外に出ておらず、その間に全く別店舗にて高額な飲食代金が決済されているという内容であって、事実関係からもマッサージ店が寝ている客の財布よりクレジットカードを盗み、予め用意してあった共謀する店舗(飲食店)名義のカードリーダーを使用し飲食代金名目で高額な不当決済を行ったことは容易に予想出来る。尚、その後の調査にてサイン伝票に残されたサインが確実に本人のものではないことも確認済み。その為に管轄警察署においても即時「カード窃盗」にて被害届が受理されていた。以上の点を含め、内容証明郵便にてクレジットカード会社に対して本件不当決済の取消対応を強く要求。

 

結果  内容証明郵便の発送後、クレジットカード会社より被害者に対して「3割負担」での和解打診があったが、当職より被害者に対して「再度クレジットカード会社に対して全額決済取消を主張しつつ、しかし早期解決の為の最大限の妥協案として1割負担であれば和解に応じる」といった旨を提案するようアドバイス。被害者がクレジットカード会社に上記の条件を提示した結果、クレジットカード会社側も1割負担(9割免除)の条件での和解を承諾。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

下記が内容証明書を送って頂いた後のカード会社からの返答(回答)となります。

特例で5割の支払いから3割の支払いに変更します、と連絡があり、これで承諾出来なかったら5割で請求します、と言うことでした。梶山先生のアドバイス通り、こちらに非がない事を再度言い、こちらも出来る限り早く解決したいので1割なら支払うと連絡し、最終的に約1割負担で解決出来ました。相談出来るところが無く困っていましたが、梶山先生に相談してからは話の展開が早く、カード会社からの一方的な言い分ではなく、まだ納得出来る解決が出来ました。本当に助かりました。有難うございました。

iPhoneから送信