カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

成功事例・車両買取り契約後、買取り業者が名義変更を怠ったトラブル・名義変更完了及び損害金(迷惑料含め)の請求に成功

日時 2019年8月

場所 ●●

事案 車両買取り業者(個人営業)と買取り契約(買取り代金8万円)を締結、同日に車両引渡し及び買取り代金の受取が完了。その後は即時名義変更を完了させ売主に報告及び証明資料郵送の約束であったが、買取り業者より名義変更が行われないまま数ヶ月が経過、自動車税の納税通知などが売主の自宅に届き、再々に亘って車両買取り業者に連絡するも対応せず。そこで、同様事案に経験のある当事務所に相談。

対応 本件は車両の引取りより半年が経過している状況であり、これ以上猶予を与える必要はないと判断、即刻内容証明郵便にて買取業者(個人)に対して通知書を送り、同書送達後10日以内に「当該車輌の名義変更」「自動車税(金52,000円)、本対応含め係る経緯による損害(名義変更書類代、仕事一日休暇分金30,000円、行政書士による本書作成代行費用27,000円)、その他迷惑料(金50,000円)の合計金159,000円についての支払」を完了させるように要求。

結果 内容証明郵便の発送から約1カ月後、先方より名義変更を証明する資料の開示及び本件でクライアントが要求した上記金の振込が確認され解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になっております。今日相手から名義変更した書類の写真と入金を確認しました。梶山さんのお陰で本当に助かりました。 自分と同じような思いをしてる人の為になれば全然大丈夫です。本件事例について、梶山行政書士事務所HPへの掲載を許可する。本当にありがとうございました。

iPhoneから送信

目黒駅周辺・キャバクラぼったくり被害(被害金約18万)、クレジットカード会社保険適用により8割免除にて和解※警察被害届受理なし(被害相談受付)

場所 目黒

日時 2019年6月12日の深夜1時より1時50分にかけて

事案 同様被害としては珍しく、目黒駅周辺のキャバクラでの被害。経緯としては以下のとおり。

1、2019年6月12日の深夜1時ごろ、目黒駅周辺の飲食店にて被害者が会社同僚との会食を終え飲食店(本件と無関係の店舗)を退店。

2、帰宅の為に同僚と被害者の4名で目黒駅に向かって歩いていたところ、店舗従業員キャッチより「お一人様1セットTAX込みで5000円のみ」との料金説明を受けた為、そのまま被害者含め4名で午前1時ごろに入店。

3、入店直後に同僚2名が酩酊状態となり意識を失う。その段階で意識を失った同僚を接待していた女性従業員が、何ら本人の許可を得ずに大量の酒を注文し始める。

4、その後も、意識を失った同僚を接待していた女性従業員は、意識のあった被害者及びもう1名の同僚の制止を無視し、さらに大量の酒を注文し続ける。

5、入店から約50分後、こわもての店舗従業員(男性数名)が意識のあった被害者に対して会計を要求。会計金額を確認したところ本来は4名で20,000円となるはずの会計が、意識を失った同僚を接待していた女性従業員が無断で注文した酒の料金と推測できる料金も含まれ合計金182,500円となっていた。

6、その為、被害者及びもう1名の同僚で異議を唱え、飲食明細が確認できる伝票の開示を要求するも、こわもての店舗従業員(男性数名)より伝票開示を拒否されるとともに執拗に支払を請求され続け、多大な恐怖感から被害者は命の危険を感じ所持していたクレジットカードにて決済。

7、意識を失っている同僚2名を連れ退店(2名は酩酊状態で意識なし、被害者及び1名は明確に意識あり。)

以上の経緯の翌日、早急にクレジットカード会社へ被害報告するも、一切取消対応を拒否され、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件は強迫を伴う不当決済のみならず、金額についても虚偽の説明が行われている状況であった為、即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り本件が明らかな不当決済であることを主張しつつ、不当決済の取消対応を要求。同時に店舗情報や飲食明細などの情報開示も要求。同時進行で管轄警察署への被害届をアドバイス。※管轄警察署においては被害届としては正式受理に至らず、被害相談受付の対応。その後、クレジットカード会社へ再度電話連絡のうえ、警察にて被害相談受付となっている事実を伝え、クレジットカード会社にて警察へ確認のうえ、本件不当決済の取消を早期に決定するように要求。

結果  内容証明郵便発送及び電話連絡にて警察被害相談受付済みの事実を報告の約2週間後、クレジットカード会社担当者より被害者へ電話連絡が入り「被害相談受付を警察に確認した、、、今日、カード担当者が店に行って確認する。被害届けが正式受理でないと、厳しいかも。。。過失の割合は5対5となるかも・・・確認して再度連絡します。」とのことであった。その約1週間後にカード会社より再度被害者に電話連絡が入り、「8割を弊社が負担するので、2割は負担して頂きたい。宜しければ手続きを進める。」との条件提示を受け、被害者及び同僚3名にて相談のうえ、同条件で和解を決定。「被害金約18万円の8割免除、2割負担」にて和解成立。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山行政書士事務所 梶山様

いつもお世話になっております。本日、●●●マイレージクラブ ●●様から連絡があり、今回の件182500円分の内8割の146500円を●●●マイレージクラブで負担してもらうことで和解しましたので御報告させていただきます。今回は、助けていただき誠にありがとうございました!

●●

Send  from iPhone

海外(上海)マッサージぼったくり被害・22000元(約34万円)の不当クレジット決済。クレジットカード会社の保険適用により全額保証にて解決

日時 2018年4月

場所 ●●

事案 上海でのボッタクリ事件としては典型的なパターン。経緯は以下。経緯

(1)平成30年4月20日の深夜、上海の宿泊先ホテルの目の前で被害者及び知人1名は客引き中国人女性2名より声をかけられ「マッサージどうですか?」と声をかけられた。被害者及び知人1名は「性的なマッサージは拒否するが、通常のマッサージであれば検討する」と回答。残り2名の知人はマッサージ自体を拒否した為に受けていない。

(2)被害者等からの確認に対して客引きの女性2名は、「大丈夫。普通のマッサージだけなら60分100元~150元」と回答

(3)客引きの手配した車でマッサージ店と言われるお店に行く。深夜1時ごろに入店。

(4)約10分程でマッサージ終了、その後に2名が同じ部屋に集められる。

(5)その後、日本語の話せる中年男性が1人部屋に入って来て、「うちの店は会員制であり1名44000元支払え」とのことで暴利的な請求を受けた為、当然に支払を拒否。そうしたところ追加で4名の屈強な男が部屋に入ってきて、約1時間半ほど部屋に監禁されたうえ「今支払わないとどうなるかわからないよ」「もうお店閉店時間だから、支払拒否するなら延長料金が発生する」などと恫喝を受け続け、被害者等は身の危険を感じ最終的に22,000元を支払うことになり、被害者がクレジットカードにて決済。

(6)現地日本領事館に被害報告のうえ対応を要求。領事館職員が店舗に連絡したところ、店舗から「カード決済した者が再度現地に来ないと返金しない」との回答。被害者等は再度身に危険が及ぶことを懸念し断念。領事館よりカード会社宛の被害報告書を送付頂く約束のみ行う。尚、既に同店舗で全く同様の事件が多発しており、日本領事館もその事実を把握していた。

対応  当事務所においては、他の同様被害への対応と同じく内容証明郵便にて不正利用されたクレジットカード発行会社に対して、不当決済取消若しくは保険適用により被害金の保証を強く要求。同時にクライアント様居住地管轄の警察署に被害届提出をアドバイス。クライアント様にて居住地管轄の警察署へ即時被害相談のうえ、正式に被害届として受理。再度クレジットカード会社に対して「警察での被害届正式受理・日本領事館より被害レター取り寄せ済み」の事実を伝えたうえ、本件不当決済の取消を要求。

結果 最初の内容証明郵便発送後、約1ヵ月以内にカード会社から保険適用の申請書が郵送され、必要事項を記入のうえ返送。その後カード会社担当者より連絡を受け「本件について全額保証する」とのことで、無事に全ての不当決済取消が決定し解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様

お世話になります。ご連絡が遅くなり申し訳ございません。昨日の夕方にカード会社から連絡があり、全額補償となりました。今後の対応は、カード会社から送られてくる書類への必要事項記載(被害届受理番号含む)、領事館からのレターの添付になります。被害届受理番号につきましては、本日に確認予定です。この度は、誠にありがとうございました。※カード決済は、暗証番号入力とサインの両方をさせられました。●●

梶山様

この度は1年ほど放置しており大変申し訳ございませんでした。●●●●への取消書類送付後、決済取消手続き完了の確認は如何でしょうか?こちら全て完了しております。6月10日あたりに決済取消手続き完了しております。

銀座・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・不当クレジット決済3件(カード会社2社(カード決済及びデビットカード決済)合計金1,290,500円)のうち、クレジットカード会社1社は7割免除で和解、残り1社(カード決済及びデビットカード決済)は全額決済取消に成功・警察被害届受理なし(被害相談受付のみ)

場所 銀座

日時 2019年3月

事案 同様の被害としては典型的なケース。ただし、被害総額が100万円以上と非常に高額。経緯としては以下。尚、被害が確認出来たクレジットカード決済は2件(2社)、その他にビットカード決済1件。

1、2019年3月26日の午後19時ごろより午後22時ごろまで被害者は同僚と飲食を行い、同日午後22時過ぎに店を出る。場所は銀座。

2、その時点で被害者は酩酊状態となっており、その後の記憶は一切なし。辛うじて意識のあった同僚によると、銀座の路上でキャッチに声をかけられ、そのまま同僚と2名で近隣の飲食店(これが本件被害発生店舗「A●D」と推測できる)に入店したとのこと。しかし、同僚も入店直後より意識を失っており、飲食の記憶なし。被害者の同僚が意識を取り戻したのは翌日自宅とのこと。

3、被害者は入店前より意識を失っており、当然の如く同店で着席したことや飲食した記憶なし。

4、次に被害者が意識を取り戻したのは、翌日27日正午過ぎに自宅のベットの上であった。

5、そこで自身の財布を確認したところ、本件不当決済に関連するカード利用明細3枚を発見、本件不当決済被害が発覚した。

「決済時間・金額・利用クレジットカード(若しくはデビットカード)」

午前4時54分・610,400円・●●●●●カード

午前5時32分・300,000円・●●●●デビットカード

午前5時35分・380,100円・●●●●●●●●●●●カード

その為、即時各クレジットカード会社に連絡のうえ決済取消を要求するも全く対応してもらえず、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件は被害者に一切記憶がない状況での高額クレジットカード利用であり、しかも被害合計金が100万円を超える高額な被害であった。よって、即刻各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、「店舗の情報」「飲食明細・サイン伝票」についての情報開示要求を行い、同時進行で管轄警察署への被害届をアドバイス。しかし管轄警察署においては被害届としては正式受理に至らず、被害相談受付の対応であった。その為、警察の被害相談受付の番号をクレジットカード会社へ報告のうえ、再度本件不当決済の取消を強く要求。クレジットカード会社へ内容証明郵便を送付後も、クレジットカード会社は決済取消対応を断固拒否。しかし、その後に全く同じ店で同様被害のご相談を当事務所にて受け、その事実を再度管轄警察署及び各カード会社へ報告、被害届けの正式受理及び決済取消対応を要求。それと同時に各カード会社と悪質ボッタクリ店舗との間に介在する決済代行事業者に対しても連絡を入れ、本件と同店舗による被害報告が多数寄せられている事実を確認、決済代行業者と各呉地とtカード会社との間で早急に情報共有のうえ本件不当決済の取消対応を決定するよう要求し続けた。

結果  クレジットカード会社1社については、比較的早い段階で保険適用の提案を受け、結果的に被害金の3割負担にて和解が成立。もう1社のカード会社については約4カ月の協議の末、クレジットカード決済分については決済代行業者とクレジットカード会社との協議により全額取消決定、またデビットカード決済についてはクレジットカード会社の判断にて全額保障が決定し、全ての決済取消が確定。最終的に被害発生から4カ月が経過した時点で解決となった。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生 

お世話になっております。本件事例について、梶山行政書士事務所HPへの掲載を許可します。 ●●●●●分については結果が出次第ご報告させていただきます。

 梶山先生、この度は大変お世話になりました。ぼったくり被害は自分の落ち度に拠る部分が大きいことや、ぼったくりを行う業者(反社会勢力?)からの接触、警察への相談等々、行動を起こすことに消極的になりがちです。先生のアドバイスや「一緒に頑張りましょう!」というメールが消極的になりがちな私の気持ちを奮い立たせてくれました。そう考えると、今回のような被害に遭ってしまった場合のポイントは、

①梶山先生を知ること

②なるべく早く行動を起こすこと

③梶山先生のアドバイスに頑張って従うこと

④あきらめないこと

だと思いました。 

結果的に120万円超の支払が、先生へのお支払いも含めて30万円以下になりました。決して安い勉強代ではありませんが、2度と被害にあわないように生活態度を改めるきっかけにしたいと思います。 ●●●●●返金の報告までお付き合いください。同様被害の方の救済に役立つことであれば、情報提供等協力を惜しまないので、なにかあればおっしゃってください。 一旦、御礼とさせていただきます。ありがとうございました。 

●●

梶山先生

●●●●カード●●●氏より電話ありました。やはり、Debitカード分の30万円の返金(振込)を既に行ったという報告と●●●●分については追って報告するという内容でした。●●●●分については、決着がつかなければ5月の引き落としは確実に実施と明言されていたので、キャッシュ不足を懸念して分割にしておいたことによるものです。返金の具体的方法の調整に時間を要するとのこと。急ぎご報告まで。

●●

店舗用物件の賃貸借契約・敷金41万円全額の返金に成功

日時 2019年7月

場所 東京都

事案 20年以上入居していた店舗物件退去における敷金清算トラブル。当然に事業者として賃貸借契約をおこなっており、また入居時の敷金は金41万円であった。当該物件は元々使用不可能なほどに老朽化した物件を入居者の費用負担にて改築修繕を実施、さらには退去時において借主から貸主へ造作譲渡費用の請求なども一切行わない内容であった。

その後、借主は退去を決定し事前に管理会社へ通知、退去時の設備残置について協議の結果「ショーウィンドウ」「エアコン」だけ残し、その他は撤去することで決定。その後は契約満了日までに借主負担にて撤去作業を行い滞りなく退去が完了。管理会社へ物件鍵を返却。後日、管理会社からも、敷金全額の即時返金を約束する清算書が届いていたが、その後も貸主より敷金の返金が行われず、突如追加で工事対応を要求され、それらの工事を実施しない場合には敷金の返金を行わないとの主張であった。その為、同様事案に経験豊富な当事務所にご相談。

対応 本件については、賃貸借契約書及び退去時における事前協議に沿った内容で退去が滞りなく完了しており、一切争いの余地は無い事案であり、典型的な「高齢の大家さんが管理会社のアドバイスを無視して暴走」といったものである。以上、即刻内容証明郵便にて本件について争いの余地が無いこと、そして敷金全額を即時返金しない場合には、即刻法定利息を含めて返金請求することとなる旨を通知し、貸主に対して早期の敷金返金を要求。

結果 その後、管理会社より連絡があり、即時敷金全額の返金をあらためて約束され、そして後日約束どおり敷金41万円が貸主より借主の口座へ振込まれたことが確認され本件は解決となった。

クライアントからのメール(原文のまま)

先日は的確なご指示を頂きましてありがとうございます。全て終了いたしました。これでおわりと不動産屋さんに伝え了承頂きました。本当にありがとうございます。助かりました。先生にお頼みしなければまだ泥沼状態だったと思います。本当にありがとうございました。
●●
iPhoneから送信