事業所兼自宅・敷金に不足する追加支払分の約8割返金にて和解

日時 平成28年1月
場所 東京都
事案 事業所兼自宅としての賃貸借契約を締結、約1年の入居期間後に退去したところ、修繕費用が敷金を大幅に超過するとして、退去立会時に追加金34万円を請求され、さらに管理会社担当者より「この清算で納得しないなら、話がまとまるまでの賃料が発生し、さらに賃料の倍額を請求することになる」「納得しないなら、細かいところも追加で請求する」などと脅迫的な請求を受けた為、その場で支払ってしまった事案
対応 内容証明郵便にて再清算作業を要求するとともに、退去立会時における担当者の不当な修繕費用請求を強く非難、自身の過失による汚損破損部分が敷金とほぼ同額の為、追加支払金34万について返還請求。
結果 追加支払金34万円のうち、約24万円の返金にて和解
クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生
お世話になっております。●●でございます。
本日確認したところ、1/19付で仲介会社の●●●●●●●(カ)から241.945円の入金がありました。当日34万円を徴収したのも仲介会社で、未だに仲介会社と管理会社の整理が難しいのですが、返金していただいたのでよかったです。
この度は本当にありがとうございました。外国から来ていて、こんなことに出会い、どうすればよいか全くわからないところで、先生からご親切にご対応いただきまして、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。最初先生の携帯番号を登録するのを忘れてしまったのですが、よろしければ携帯番号と直通の事務所の番号をもう一度教えていただけますでしょうか?また何かあった時、もしくは友達が必要の場合は是非是非紹介してあげたいと思っております。この度は本当にお世話になりました。では、以上よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。